大学案内

特定非営利活動法人 東京雑学大学

東京雑学大学について

東京雑学大学は、市民主導、市民手作りの生涯学習の場として開学しました。
「新しいことを知る」「新しいことを学ぶ」ことによって、生きる喜びを実感できます。
生涯学習によって、より充実した日々を送り、楽しみの多い心豊かな生活ができます。
東京雑学大学は、皆様の評価とご支援を受けて、2015年には開学20周年を迎えることができました。
〝学ぶ喜び〟-これが生涯学習を勧める東京雑学大学の本音の本音です。
これからも、皆様に〝毎週新たな発見と感動〟を実感していただけるよう生涯学習の場を提供してまいります。

開学の理念
この大学は、(学生会)会員及び地域住民に対して、いつでも自由に参加できる学習機会を提供すると共に、心豊かな文化的社会の構築に寄与することを目的とする。
活動内容
  • 1. 生涯学習の推進を図る活動
  • 2. まちづくりの推進を図る活動
  • 3. 文化、芸術又はスポーツの振興を図る活動
授業料なし、講義の謝礼なし、会場費もなしを原則とし、運営スタッフはすべてボランティアという、手作りの組織の、徹底した自由参加型の市民大学である。
講義は、年末年始を除いて、毎週木曜日又は日曜日の午後2時から4時まで。講義を担当する登録教授は現在約250名。大学教授や社会の第一線で活躍している知識人である。
「社会人のための大学院大学」を目指した大学、大学院レベルの講義内容を目指している。
教科科目体系
● 1サイクルを3ヶ月とし13科目(平成20年から科目名称を変更)
法律系 1)政治 2)経済・経営    
理 系 3)産業・技術 4)環境・自然 5)健康・医療  
文 系 6)文学・文芸 7)教育 8)歴史・地理 9)宗教・哲学
一 般 10)芸術・芸能 11)生活・まちおこし 12)生涯学習・生きがい 13)趣味・スポーツ
学報の発行
年3回発行。教授自らの執筆による毎週の講義の要旨が主な内容だが、さらに開学記念日に行う「雑大フォーラム」の内容や課外活動の見学会など、本学の行事の報告などを掲載。
学生会
● 講義に出席し、年会費(1月~12月)6,500円を納入したものは、「学生会」会員になれる。
● 年会費は、初年度に限り、加入月により減額されることがある。
●「学生会」会員は、毎月の講義日程の案内と学報を受けられ、課外活動に参加できる。
●「学生会」会員以外のものが講義に出席する場合は、聴講料として1回につき500円を徴収する。
● 講義に際し、資料代として3枚まで100円、10枚まで200円、11枚以上は300円を徴収する。
課外活動
毎週の講義の他に、見学会も行われる。現在は、「美術館めぐり」と「工場見学会」がそれぞれ2~3回開かれ、「学生会」会員から希望者が参加できる。
協力大学
大学 早稲田大学・武蔵野大学
役員
理 事 長 窪 宏太郎   杉並区
理  事 青山 恭彦   西東京市
理  事 浅田 恭彦   西東京市
理  事 尾上 正嗣   武蔵野市
理  事 川口 順啓   西東京市
理  事 川越 勲生   東村山市
理  事 菅原 珠子   西東京市
理  事 高原 北雄   稲城市
理  事 土橋 寿   富士吉田市
理  事 堀江 幸夫   東大和市
監  事 柳田 紗代子   西東京市
監  事 鍜島 康子   三鷹市
事務局
〒202-0023 東京都西東京市新町5-8-7  菅原 珠子  
TEL:0422-52-0908   FAX:0422-53-8121

Eメール: t_zatudai21@castle.ocn.ne.jp
ホームページ: http://t-zd.life.coocan.jp